*

最近髪が薄くなってきた原因は意外なものでした

最近髪が薄くなってきたのですが、その原因は意外なものでしたので、ちょっと報告しますね。

社会人になってから、薄毛が目立ち始め、髪が薄くなったように感じています。

最近はお風呂で髪を洗う度に、また、くしで髪をとかす度に、10本程度は抜けているように見えます。
頭部の分け目が目立つようになり、三十路前を前にして、将来さらに髪が薄くなったら、最近コマーシャルでも良く見かけるウィッグや部分かつらでも使わなければならなくなるのかと思うと憂鬱です。
薄毛予防のため、頭皮の毛穴の汚れが原因ではないかと考えた私は、毛穴を洗浄できるブラシを購入し、数年使っていました。
しかし、抜け毛は一向に減る様子が見られませんでした。
食生活ではミネラルやビタミンが取れるよう、メニューに気を使っています。
それでも、薄毛は改善しません。
そんな時、「薄毛予防の授業」というサイトで薄毛や抜け毛の原因として腸内環境の悪化が挙げられるという情報を見つけました。意外といえば意外です。

でも、思い当たる節があるんです。確かに、私は幼いころから便秘ぎみで、強い便秘薬を3日に一回は飲むのが習慣になっていました。
明らかに体に良くないことは分かっていても、便秘からくる苦しさには耐えられず、薬に頼っていました。
早く薬をやめなければと思ったのでしたが、今更やめる訳にはいきませんでした。
そこで、薬を漢方の便秘薬にしました。
お腹の痛みはやわらぎ、自然体に近くなりました。

便秘も解消され体の中が健康になってきたように感じていますし、今後、抜け毛が減り、薄毛予防として効果を発揮してくれることを期待しているところです。「薄毛予防の授業」をはじめ、ネットで手に入れることができる情報を今後も活用していきたいと思っています。