*

ユーロを売買する

いよいよ投資すると時という局面ではまずは準備を手抜きしてはいけません。

 

取引を行う前であれば、物事を落ち着いて見ることができる余裕があります。

 

しかしながら、一度売買の内部に踏み込んでしまうと、どう試みても捉え方が自己中心的になってしまいちゃんとした見方がわからなくなる危険があります。

 

それだけに自身の冷静なうちにちゃんとした事前準備が必要です。

 

"準備"のためには、始めに自分だけの物語を記す事からスタートします。

 

これからの投資環境はこうなるだろうからユーロを売買するというような、自分だけの台本を書いていきます。

 

次に重要なのは為替チャートを見ましょう。

それまでの為替レートの上下動を見極めて、今の位置を見ます。

http://o0q0w88f77.exblog.jp/

そうすると、「今日はかなり偏った場面になっているな」もしくは「もはやたくさんの投資家の方々が仕かけているから、これから先遅れてしかけてもすでにやりようがない」などと分かってきます。

 

もう売り(または買い)するがやりようがないと感じたらそこのところは割り切ることが大切です。

 

どう試みても自身の筋書きを押し通して、割り切らずに新規エントリーすると、外国為替市場にやられて反対に損をすることになります。

 

もっともたいがいの場合では、緻密な自らの物語を描いていると、買い(または売り)が間に合わないなという状況にはならないだろう。

 

大方、本格的に市場が変動する前のはずだから。

 

更に、とりあえずは自身が注文しようとしている通貨の上下動を、じっくりと調べる事が必要です。

 

仮に円安が進むと推測するストーリー展開を描いたのであれば、その外貨の動きに注目する事が大事です。

 

相場の動きを注視し始めた場面では、ドルは大きく変動する素振りを見せないで、上がったり下がったり多少の変化を繰り返しているだけでしょう。

 

だけど、その変化をきちんと確認しているとあるところで円安へと動き始めます。

 

この状況でようやく、ドル買いの新規取引します。

 

普通、周到に準備をしておけば、その取引で儲ける確率は比較的高まるはずだ。

 

次の記事も読んでね!!

  1. ユーロを売買する
  2. 自動車選び


コメントする